生理中のテニスが超快適!吸水ショーツがすごすぎる

  • URLをコピーしました!

楽しみにしていた試合やテニス合宿が、生理に重なるとテンション下がりませんか?

汗をかくと蒸れるし、こまめにトイレに行く余裕がないこともあります。

試合会場によっては、トイレが仮設トイレで生理用品を捨てるところがない!なんてことも。大宮けんぽとかインスピのトイレ問題は結構深刻…

こういうトイレはできれば行きたくない…

そんな生理中の悩みを解決してくれるスゴいアイテムがあるんです。その名も「吸水ショーツ」

1日中生理用品を取り換える必要がなく、汗をかいても蒸れない画期的なアイテム。

先日、生理3日目に真夏日の朝から夕方までという最悪な状況で試合に出てきましたが、不快感がほぼなしで最高に快適でした!

今回は、そんな吸水ショーツを紹介していきます。

1番オススメの吸水ショーツはコレ!

目次

吸水ショーツとは?

吸水ショーツとは、布ナプキンとショーツが一体になっている生理用品。

最近話題なので、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

吸水ショーツの特徴

  1. 12時間くらいなら履き替えの必要なし
  2. 洗濯して何度でも使える

12時間くらいなら履き替えの必要なし

吸水ショーツの種類にもよりますが、半日以上履き替えなくても大丈夫。

実際、生理3日目で朝8時半集合~夕方17時まで試合をする時に履きっぱなしにしていましたが、全く不快感はなし。

何度も生理用品を持ってトイレに行く必要がなかったので、試合中とっても楽でした。

洗濯して何度でも使える

吸水ショーツは、洗濯すれば何度でも使うことができます。

洗濯方法は吸水ショーツの種類にもよりますが、基本は水で手洗い→洗濯機で洗えばOK。

はじめは手洗いが面倒くさそうだな~と思っていましたが、すぐに洗濯できなくても意外とスルッと血液が落ちてくれるので、全然苦ではありませんでした。

テニスをする上での吸水ショーツのメリット

吸水ショーツは日常生活でも非常に便利ですが、特にテニスの時の快適さが半端ありません。

当ブログはテニスブログなので、テニスをする上での吸水ショーツのメリットをまとめてみました。

吸水ショーツのメリット

  1. トイレがショボい会場でも困らない
  2. 試合に集中できる
  3. 汗をかいても蒸れない
  4. 荷物が少なくて済む

トイレがショボい会場でも困らない

テニスの試合って、会場によっては簡易トイレしかないこともよくありますよね。

簡易トイレだと頻繁に使いたくはないし、サニタリーボックスがなくて生理用品のゴミを捨てられないことも…。

吸水ショーツを履いていれば、生理用品の付け替えのためにトイレに行く必要がなくなります。

ゴミも出ないので、サニタリーボックスがなくて困ることもありません。

試合に集中できる

吸水ショーツのおかげでナプキンを付け替える必要がなくなるので、付け替えた方がいいかな…と心配する必要がなくなります。

また、ホールド感のある吸水ショーツならかなり漏れづらいです。

Be-Aという吸水ショーツはフィット感抜群!

生理であることを忘れて試合に集中することができます。

汗をかいても蒸れない

生理中のテニスだと、ムレてお尻がかゆくなったり臭いが気になったりしがち。しかし、吸水ショーツだとムレはほとんど気になりません。

暑い日にテニスをすると、普通のショーツでもムレてかゆくなってしまいがちなのですが、吸水ショーツだと全くかゆくならないんです。かなり驚きました。

また、臭いに関しては、半日以上付けていると少し気になってくることもありますが、基本的にはほぼ気になりません。

試合後に着替えるタイミングで吸水ショーツを履き替えれば問題ないです。

荷物が少なくて済む

吸水ショーツはナプキンの付け替えが不要なので、量の少ない日なら替えのナプキンはいりません。

合宿の時も、1泊2日なら吸水ショーツを2~3枚用意しておくだけで乗り切れます。

吸水ショーツ、こんな風に使うと便利!

1日中試合の時

朝は吸水ショーツを履いて出発。

多い日や汗をかいてスッキリしたい時は、試合が終わって着替えるタイミングで履き替えを。

履き替えた吸水ショーツは防臭袋に入れて、家に帰ってから洗濯する。

量の少ない日なら、家に帰るまで履き替えずに過ごしても大丈夫。

数時間の練習の時

吸水ショーツを履いて練習。

汗をかいて履き替えたいわけではないなら、ナプキンを持っていく必要なし。

吸水ショーツを履いたまま帰宅して洗濯を。

1泊2日の合宿の時

吸水ショーツだけで過ごすなら、3~4枚あると安心。

初日のテニスが終わって着替えるタイミングで、新しい吸水ショーツに履き替え。

合宿所にはコインランドリーが設置してあることも多いので、使用済みの吸水ショーツは手洗いしてすぐに洗濯するのがベスト。脱水までして干せば、翌朝には乾いている。

難しい場合はそのまま防臭袋に入れて帰宅後に洗濯しても大丈夫。汚物を持ってる感じがちょっと嫌だけど、においや洗濯時の汚れの落ち具合は、問題なし。

翌朝新しい吸水ショーツに履き替える。気になるようなら、テニス後の着替えのタイミングでもう1回履き替える。

オススメの吸水ショーツ・防臭袋

吸水ショーツはBe-A(ベア)が最強!

吸水ショーツにハマって、Be-A、Nagi、Comfits、GUと4つの吸水ショーツを試しました。

その結果、1番オススメなのは圧倒的にBe-A(ベア)!

履き心地、機能性ともにダントツで良かったです。その代わり、1番高いんですけどね。それでもBe-Aが最高!

1番オススメの吸水ショーツはコレ!

Be-Aの特徴

  1. 多い日でも1日中履ける吸収力
  2. 抜群の履き心地の良さ
  3. 洗濯が超簡単
  4. 乾くのがめちゃくちゃ速い

Be-Aは数ある吸水ショーツの中でも、圧倒的な吸収力と履き心地の良さを誇っています。ぶっちゃけ、一度Be-Aを履いてしまうと他の吸水ショーツは履きたくなくなります…。

洗濯は、軽く手洗いして洗濯機に入れるだけ。他の吸水ショーツは付け落きや専用洗剤の使用が必要なものもありますが、Be-Aは非常に簡単です。

乾くのも速く、洗濯機で脱水した状態でかなり水分が抜けています。

真夏日のテニスでも不快になることはほぼなく、生理中であることを忘れてしまうかのような快適さです。

安さを求めるならComfits

Be-Aは1枚約7,500円とかなりお高めなので、正直購入を躊躇してしまいますよね。

もっとお手軽に吸水ショーツを使ってみたい!という方にオススメなのが、Comfits。

Be-Aの半額以下というコスパ抜群の吸水ショーツです。

ただし…個人的にComfitsの使い心地はイマイチでした。

特に乾くのがめちゃくちゃ遅く、雨の時期だと1日中干していても乾かないことも。乾燥が遅いと使いまわしづらいです。

半日程度履いていると、臭いも気になってきました。

…とまあ、Be-Aと比べてしまうと性能面では劣りますが、その分手の届きやすい価格に。

安く吸水ショーツを揃えたいなら、選択肢としてありだと思います。

使用後の吸水ショーツを入れる防臭袋はBOSが可愛い

テニス後に履き替えたい時や合宿の時など、どうしても使用済みの吸水ショーツをすぐに洗えない時に便利なのが、防臭袋。

色がついていて中の見えないBOSなら、臭いもしっかり防いでくれて安心です。

防臭袋は頻繁に使うわけではないけど、1つ持っていると何かと使いやすいです。

安さ重視の防臭袋ならパン袋

BOSはカラバリ豊富で可愛いですが、お値段がちょっと高め。もっとコスパを重視するなら、パンの保存袋が便利です。

パンの防臭袋は防臭性が高く、オムツ用のゴミ袋として人気なんです。

BOSの1/10以下の価格でコスパは抜群。

透明なので中身が見えてしまうのが難点ですが、安く済ませたい場合はパン袋がオススメです。

まとめ

以上、生理中のテニスを快適に過ごせる吸水ショーツの紹介でした。

吸水ショーツは控えめに言って最高なので、ぜひまずは1枚お試しを!少し高いですが、Be-Aがオススメです。

1番オススメの吸水ショーツはコレ!

コスパ重視の吸水ショーツはコレ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる