崩れにくく崩れても綺麗な夏のテニスメイクの方法

  • URLをコピーしました!

夏のテニスは、とにかくを汗かく!

せっかくメイクをしても、あっという間にメイクがドロドロに…。

この記事では、そんな真夏の炎天下のテニスでも崩れにくく、崩れても綺麗なメイクの方法を紹介します。

目次

夏のテニスメイクで気を付けるべきはベースメイク

汗をかくテニスで1番気をつけるべきポイントは、ベースメイク。

実は、アイメイクは意外と崩れにくいんです。実際、テニス中にパンダ目になっている人ってあまり見かけなくないですよね。

加えて、他のパーツよりも崩れにくくするテクニックが色々あります。

それよりも注意すべきは、ベースメイク。お肌の欠点を隠したいからといって厚塗りすると、あっという間にファンデーションが溶けてドロドロに。

日焼け止めの塗り直しも必要なので、結局ファンデの上から日焼け止めを重ねることになり、より崩れやすくなってしまいます。

崩れにくいベースメイクを意識してあげるだけで、かなりメイク持ちが良くなりますよ!

ファンデーションはNG!日焼け止め下地で美肌に見せる

メイクは厚塗りすればするほど崩れやすくなるので、できるだけ薄化粧するのがポイント。

とはいっても、毛穴やクマ、くすみなど隠したい肌トラブルもたくさんありますよね。

そこでオススメしたいのが、ラロッシュポゼのトーンアップベース。

ラロッシュポゼのポイント
  • 光で毛穴や肌のアラを飛ばして美肌に!
  • ほぼ無色で崩れても綺麗!マスクやタオルに色移りしない!
  • 塗り直すときは重ね塗りするだけでUVケアと美肌が復活!
  • テニス後の帰宅時のメイク直しにも使える!

2020年夏はSNSでバズっていましたが、これ、本気で良かったです。

あまりにも良すぎて、テニス以外の普段使いでも使っています。

光で毛穴や肌のアラを飛ばす!屋外のテニスで真価を発揮!

ラロッシュポゼは、ほぼ無色の日焼け止め。

あの田中みな実さんも愛用している優秀アイテムです。

光を集めて肌のアラを飛ばすので、太陽光が降り注ぐ屋外テニスでめちゃくちゃ美肌に見せてくれます。

ラロッシュポゼはほぼ無色ですが、お肌に伸ばすとスーッと馴染んで、肌が発光します。

そのおかげで、光で毛穴やくすみを飛ばして肌の悩みを隠しつつ、肌色をワントーンアップ。

私はニキビ跡と毛穴の開きが目立つ汚肌ですが、ラロッシュポゼを使うとかなり至近距離まで近づかない限り、肌悩みが目立たなくなります。

無色なのでやはり多少隠し切れない部分も出てきます。

しかし、コンシーラーや色付きファンデーションじゃないと隠しづらい肌トラブルも、思ったよりカバーしてくれますよ。

ほぼ無色で崩れても綺麗!タオルにも色移りしない!

ファンデーションを塗っている場合、タオルで汗を拭いた時にタオルにファンデがついてしまいますよね。

しかし、ラロッシュポゼはほぼ無色なのでその心配もありません。

テニスで汗をかいてもドロドロになることなく、美肌をキープしてくれます。

マスクにも色移りしないので、普段のファンデーション代わりにも使える優秀アイテムです。

塗り直すときは重ね塗りするだけでOK。UVケアと美肌が復活!

ラロッシュポゼは崩れ方がかなりきれいですが、汗で全く落ちないわけではありません。

そのため、汗をかいた場合はUVケアも兼ねて数時間に1回は塗りなおす必要があります。

肌の汗を軽くタオルで拭きとってそのまま重ね塗りするだけで、あっという間に美肌が復活します!

ファンデーションの上から日焼け止めを塗るとファンデと日焼け止めが混ざってドロドロになりやすくなってしまいますが、ラロッシュポゼは日焼け止め。

重ね塗りしてもドロドロになることなく、むしろ塗り直して均一に光が集まるようになるので、美肌が復活してくれます。

ちょっと汗ばんでいたり、汗が完全に引いていなかったりする状態で塗り直しても、綺麗になじんでくれますよ。

テニス後の帰宅時のメイク直しにも使える!

ラロッシュポゼは、テニス後のメイク直しにも大活躍。

自然ツヤ肌になれますし、マスクにも色移りしません。

ラロッシュポゼが1本あれば、テニス中の日焼け対策&メイク直しも、テニス後のメイク直しにも使えるので荷物が少なく済みますよ。

テニス以外の時は、ラロッシュポゼを塗った後に軽くお粉をはたいてあげると、ツヤ感がより自然になります。

透明パウダーでさらさら肌をキープ

ラロッシュポゼは肌馴染がよくべたつきづらいですが、もう少しさらさら感が欲しい場合は透明のフィニッシングパウダーを付けると、さらっとした仕上がりになります。

オススメはTIME SECRETの「ミネラルプレストクリアベール」です。

白い粉なので、付けた直後は「顔が白い!!」と思いますが、時間が経つと自然になじんでくれます。

プレストパウダーなので持ち運びにも便利です。

アイメイクはまつ毛に全力投球!

スポーツメイクのアイメイクは、とにかくまつ毛命!

むしろ、まつ毛さえしっかりくるんとしていれば、他は何もしなくても大丈夫なくらいです。

屋外だと、アイシャドウをがっつり入れても太陽光で色が飛んでしまったり、アイラインは目じり側が汗で消えやすかったりするので、頑張りが無駄になりやすいんです。

まつ毛はさえくるんとしていれば、ぱっちりとした目に見えるので、まつ毛メイクに気合を入れましょう!

まつ毛メイクはマツエク・まつ毛パーマに頼るのが正解

まつ毛メイクの1番のおすすめは、マツエクやまつパをしてしまうこと。

汗で崩れてパンダ目になったりカールが取れたりする心配はないですし、毎日のメイクも時短になります。

すっぴんでも可愛くなれるので、合宿がある時も心強い。

手っ取り早く目力を手に入れたい場合はマツエクやまつ毛パーマをしてしまいましょう。

マスカラは透明を使う

せっかくまつ毛を綺麗にカールさせても、汗でマスカラが崩れてパンダ目になっていたら台無し。

まつエクやまつパをしているならマスカラはなくても大丈夫ですが、一応塗っておきたい!ということであれば透明マスカラが優秀です。

透明なので汗で崩れても目立ちませんし、黒マスカラより自然にまつ毛を際立たせてくれます。

最近の透明マスカラは、ただまつ毛をツヤッとさせるだけでなく、繊維入りで長さやボリュームもUPさせてくれます。

透明マスカラをつけているのとつけていないのでは、思っている以上に印象が変わります。

オススメはフローフシのモテマスカラ。

自まつ毛が伸びたような仕上がりになりますよ!

アイブロウは脱色&ティントでノーメイクで美眉の状態を作る

どうしても汗で落ちやすいのが、アイブロウメイク。

眉マスカラもペンシルやパウダーも、汗をかくとどうしても落ちてしまいます。

特に眉マスカラのドロドロ具合はえげつない…。

汗をかくのがわかっているなら、使わない方が無難です。

そこでオススメしたいのが、もはやアイブロウはメイクをしないという選択です。

自眉毛を綺麗に整えて脱色しておく。

これだけであか抜けた美眉になれます。

眉脱色といえばこちら↓

元々眉が薄い場合や、眉を濃いめにしたい場合は、ティントで眉毛を作っておけばOKです。

これで、汗とは無縁の最強眉が完成します。

眉ティントはこちら↓

ティントが面倒な場合は、眉毛の脱色だけして、ペンシルやパウダーで眉を描いてから、眉コートを使うという方法もあります。

意外と消えずに持ちますよ。

リップメイクはティントを放置→ティッシュオフ

テニスメイクでリップは忘れられがちですが、塗るのと塗らないのだとかなり印象が変わります。

しかし、汗をかいたりドリンクを飲んだりして、リップメイクはとにかく落ちやすいですよね。

そこで便利なのが、クラランスのティント「コンフォートリップオイル」。

これ、マジで落ちないです。

ただし使い方にコツがあります。

塗ってから10分以上放置してあげてください。

たったこれだけで、全く落ちないリップメイクが完成!

10分以上経ったらティッシュオフしてみて、ティッシュにほとんどリップが付かなければOKです。

時間の経過とともにツヤは減って行きますが、色はかなり長い間持ってくれますよ。

試合の合間などに塗りなおしておけば、ずっとリップメイクをキープできます。

夏のテニスメイクは落ちないアイテム&落ちても綺麗なアイテムを使おう!

以上、夏のスポーツメイクの紹介でした。

オススメアイテムをまとめます。

ベースメイク…ラロッシュポゼ
アイメイク…マツエク・まつパ/モテマスカラ
アイブロウ…眉脱色・ティント/眉コート
リップ…クラランス

特に、ベースメイクに使うラロッシュポゼのトーンアップベースは、テニスだけでなく普段使いでも活躍する優秀アイテム。

田中みな実さんが溺愛するだけあります…!

まず1アイテムだけ、ということなら、ラロッシュポゼをオススメします。

カラーは透明とローズの2色ありますが、ラロッシュポゼの上からファンデーションを塗るかどうかで選ぶのがオススメ。

ローズの方が素肌に近い自然なツヤ肌になれて使いやすく、テニスメイクならこちらが断然おすすめです。

ファンデーションの下地として使うなら、透明タイプのツヤ感の方が、ファンデをのせた時により肌を綺麗に見せてくれます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる